FAQ 弱視メガネ

弱視メガネ (1)

小児治療用眼鏡の保険適用について

平成18年4月1日より、小児の弱視、斜視および先天白内障術後の屈折矯正の治療用として用いる眼鏡の作成費用が、健康保険の適用となり、患者様に給付されることになりました。
支給対象者:小児弱視。斜視等の治療用眼鏡が必要であると眼科医が判断した場合に限られます。
対象年齢:9歳未満の小児とされす。
再更新:4歳以下は1年以上使用すること。8歳以下は2年以上使用すること。
必要書類:①眼科医発行の治療用眼鏡等の作成指示書(処方箋に明記した物)
     ②療養費支給申請書(加入している保険組合よりお取り寄せください)
     ③購入した治療用眼鏡の領収書
支給額:38,461円 ご加入の健康保険組合「7割給付」+乳幼児医療

    Load More